Fast Track C400のメモ

Fast Track C400のメモ

maudioM-AUDIO 「Fast Track C400」

maudioFast Track C400 ドライバダウンロードページ
maudioFast Track C400 取扱説明書pdf

Fast Track C400についてメモをするページ。先に書いておくと、単体ではニコ生には向かなそうな機種だと思います(´・ω・`)
Fast_Track_C400_01

Fast_Track_C400_01 再生・録音デバイス表示画面
Output / Input
M-Audio Fast Track C400


Fast_Track_C400_02 cubaseCubaseでのデバイス表示(ASIO)
Analog2In+Digital2Inの4IN
Analog4Out+Digital2Outの6OUT

Fast_Track_C400_03Fast Track C400 Control Panel

Fast_Track_C400_05 Fast_Track_C400_03Fast Track C400コントロールパネル画面

Analog1/2出力
Analog3/4出力
S/PDIF L/Rに対してそれぞれミキサーを使用出来ます。

モニタ用のリバーブを掛けることも出来ます。

Fast_Track_C400_08

各入力chに対して、または各再生chに対して
モニタ用のリバーブをかけることができます。
SENDS量とReturns量をそれぞれ調節できます。
各出力端子(Analog1/2, Analog3/4, S/PDIF)に対してのリターン量はそれぞれ独立して調節することができます。
  • Room1
  • Room2
  • Room3
  • Hall1
  • Hall2
  • Plate
  • Delay
  • Echo
8種類のリバーブやディレイ・エコーを選択できます。


Fast_Track_C400_06 Fast_Track_C400_03Fast Track C400コントロールパネル画面の表示は、メーター表示のみと縦メーター・横メーターの切り替え表示が可能です。

Fast_Track_C400_07 Setting画面と
ドロップダウンボックスの各項目

Fast_Track_C400_04 フロー図

感想

(゚ω゚) Fast Track C400は単体ではニコ生向かなそうなので、特に感想なしVAM01VAMXSplit_Broadcaster_icoXSplit等のソフトを使っても良いけどソフトのスピーカー音キャプチャ機能だとリバーブ録れないし。ブログ書いている時点では発売日を過ぎてるのに公式ページに製品の情報が全く無かったので、TASCAM US-800並に地雷なのかと思ったらそういう訳でもなく普通に使えるっぽいし何なの?と思ったりしました。」
(゚ω゚) 「前面のAnalogInを使うか、背面のAnalogInを使うかをAnalogIn1/2それぞれについて本体上のスイッチで切り替えできたりします。特にコレといった決め手が無いですが、見た目が気に入ったなら有りなのかも。」



posted by 水おいしいです^o^ at 2011年09月29日 | Comment(0) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。