Kinectのマイク配列Kinect USB Audio――(゚∀゚)――!!

Kinectのマイク配列Kinect USB Audio――(゚∀゚)――!!

Kinect内蔵の4つのマイクでビームフォーミング(指向性録音)!KinectのUSBマイクがWindows上で使えるようになってました。 表示名はマイク配列 Kinect USB Audio

インストールもMicrosoft提供のSDK

Download Kinect for Windows SDK beta

インストールするだけで、マイク部分は
比較的簡単に使えます。
Kinect_audio02
(クリックで拡大)

インストール方法

Microsoft提供Kinectドライバと、KinectSDKのインストールについて。

Kinect_audio03 MicrosoftのKinect用Windows SDKダウンロードページからダウンロードします。
64BitOSの場合は、64Bit版の方をダウンロードします。

64BitOSで32Bit版をインストールしようとしても、インストール時に「64BitOSなら64Bit版の方使ってくださいね」的なメッセージが出ます。

Kinect_audio04 ダウンロードしたファイルを普通にインストールします。

マイク部分はすぐに使えますが、付属のサンプルプログラム等とKinectカメラ部分を利用出来るように
OS再起動か、ログオフ&ログオンします。

(゚ω゚) 「これだけ、簡単。」
(´・ω・`) 「よくわかりませんが、Windowsでキネクトのマイクが使えます。」

Kinect_audio06 4chと表示されていますが、録音ソフトで実際に録音できるのは2chまでの模様。
波形を見るとちゃんとステレオ録音は出来ていました。

感想
( ^ω^) 「音質は、良くはない。」
(´・ω・`) 「16kHzですが、思った程悪くもないです。でも結構周りの音拾ってます。」
(゚ω゚) 「離れてもそれなりに音拾うね。でも周囲の雑音をかなり拾うよ、という現状。」
(゚ω゚) 「あまり指向性録音とかビームフォーミングとかは実感できず、声以外の音を拾いまくりのマイクでした。」

KinectCam カメラ部分の話

カメラ部分も生放送に使えるようになってきましたが、現段階で配布されているKinectCam.ax(Kinectをキャプチャデバイスとして表示してくれるフィルタ)を使うとブラウザ配信(かんたん配信)時に支障が出ます。配信ページを開くだけで設定もできずにエラーが出て落ちる(IE)、ブラウザ固まる(Chrome)という状態になります。FME_icoFMEにKinectカメラを選択するとFME_icoFMEが強制終了しました。
KinectCam.axを使わずに、SDK付属のサンプルプログラムでカメラ表示させてデスクトップキャプチャーで取り込むのが今のところ安定っぽいです。
改善版が早めに出てくる事を期待中。

Kinect_audio07 左画像は
ico_hu01.gifふぬああの設定画面。

ビデオとオーディオのプレビューが可能でした。

Kinect_audio08 Skype_icoSkypeでもビデオ表示出来ました。


Kinectをキャプチャデバイスとして表示 暫定インストール方法 (Microsoftドライバの場合)
MicrosoftのKinect SDKをあらかじめインストールして、再起動かログオフ&ログオンしておきます。
Kinect_audio05
KinectCam.axを今後移動しない場所に置きます。
install.batとUninstall.batを自分で作ります。
メモ帳などで中身を編集します。
install.batの中身 regsvr32.exe KinectCam.ax
Uninstall.batの中身 regsvr32.exe /u KinectCam.ax
インストールはinstall.batを実行します。「成功しました」メッセージが表示されればインストール完了です。
アンインストールしたくなった場合はUninstall.batを実行します。

  KinectCam.ax(軽くだけ)確認したソフト
Skype_icoSkype 表示可能
ico_hu01.gifふぬああ 表示可能
AkaneCapture_icoあかねキャプチャー 表示可能
XSplit_Broadcaster_icoXSplit 表示可能 (XSplit配信のみならKinectCam.ax便利そう)

nico_ico01ブラウザ配信(かんたん配信) 固まる エラー 終了(ここ改善されないと困ります><
FME_icoFME 強制終了
AmaRecTV_icoアマレコTV エラー
KusunokiTVAggregat_icoくすのきTV 映らない
PeCaTV2_icoPecaTV2 映らない

解決方法
ブラウザ配信についてはSkype_icoSkype等でKinectCamを使用中にしてからのブラウザ配信ページ表示が可能。
困ったら基本的にKinectCam.axアンインストールで解決。
(こちらの設定が間違っている可能性も大いに有ります。いずれVerUPで解決されると思います。)

XSplit_Broadcaster_icoXSplitで配信する場合には使えますが、他の配信方法だとエラーになりやすく、まだ実用的ではない印象です。


参考ページ 各ドライバごとにキャプチャデバイスとして表示させるものがあります。
  Microsoft Kinect SDKのドライバ使用 http://angryfacing.com/2011/06/use-kinect-as-a-webcam-on-skype/
今回試したのはこちらの方法
  OpenNI Primesenseドライバ使用
http://www.kinectdevs.com/(長いので略)-t5.html
(深度・普通・追尾カメラの3つ追加で面白いですが安定していない様な。)
  Open Kinectドライバ使用 http://www.e2esoft.cn/kinect/
OpenKinect driversのインストール必要。


OpenNIや、PrimesenseドライバのKinectCamのキャプチャデバイス方がもしかすると問題が少ないかもしれません。

Kinect_audio09 Primesenseドライバの方のKinect Virtual Camera

Kinect Virtual Camera : Depth (深度)
Kinect Virtual Camera : Image (普通のカメラ)
Kinect Virtual Camera : SmartCam (人物追尾カメラ)
こちらのツールの場合はの上記の3つが追加されました。(要OpneNI関連)

Skype_icoSkypeやico_hu01.gifふぬああでの表示は出来ましたが、nico_ico01ニコ生に使うと表示が乱れてしまいました(こちらの設定方法が間違ってたかもしれません)。
でも、Microsoftドライバの方がマイクが録音デバイスに追加されますしインストールも簡単なため、今後はMicrosoftドライバの方で色々出てくるかもしれません。

日本の住宅事情に向かないKinect。
マイク部分がパソコンでも使えるようになってきたので、
Webカメラ用途のツールを充実して欲しいです。

( ^ω^) 「家ゲーは座ってプレイしたいお。」
(´・ω・`) 「ですよねー。」
(゚ω゚)立ってプレイとかジャンプ回転とか誰得。」
posted by 水おいしいです^o^ at 2011年06月30日 | Comment(0) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。