UA-55でリアルタイムにマイクエフェクトを生放送に使う方法

UA-55でリアルタイムにマイクエフェクトを生放送に使う方法

ステレオミキサー機能っぽいMAIN出力の録音が出来るUA-55は、生放送用にも便利な機器です。 ハードウェアでマイクエフェクトが使えるUA-4FXが生産完了になり、似た外見のUA-33が発売されましたが、生放送時にソフトウェアのマイクエフェクトが使いやすいのはUA-55の方だったりします。
UA-55の方が生放送的にマイクエフェクトが使用しやすいので、使い方のご紹介です。

目次 mic_icoUA-55のハードウェア内蔵DSPのゲート、コンプレッサ の説明

mic_ico歌枠で需要の多いリバーブ を生放送に使う方法

mic_icoUA-55でボイスチェンジャーをリアルタイムに使う方法

mic_ico付属ソフトのSONAR X1 LEでエフェクトをかけてリアルタイムに生放送に使う方法


(゚ω゚)UA-55は生放送等のときに使うMAIN録音と、マイク入力などの1-2録音、デジタル入力の3-4録音が別々になっていてマルチストリームの録音が出来るので、UA-33よりもマイクエフェクトを配信用に使いやすいよ。」

準備

UA55_11
接続例
ギターなどは無しでもOK。1,2両方にマイクを接続して二人で配信することもできます(要ヘッドホン分配)。
配信用に使用する場合、基本的に【MONO】ボタンはONにします。

UA-55ハードウェア内蔵DSPのゲート、コンプレッサの調節


ua55e01 QUAD-CAPTUREコントロールパネル画面を開きます。

【コントロールパネル】→表示方法を【大きいアイコンor小さいアイコン】に変更→【QUAD-CAPTURE】を開きます。

ua55_01gain.gif 
ハードウェアDSP処理のためCPU負荷を気にせず使用できます。

BYPASSはONにしちゃうと効果がかかりません。
QUAD-CAPTUREコントロールパネルの
【GATE】設定値以下の音量の信号をミュート(消音)します。

これを少し使っておくと、今までどうしても消えなかったサーっていう感じのノイズや、パソコンや空調の駆動音のノイズ等、マイクがどうしても拾っていたノイズを軽減できます。
小さいノイズはそれ程気にしなくても良いと思うのですが、ニコ生だと自分も配信もする関係でヘッドフォンで視聴している視聴者さんも多いため、気にするほどじゃないけどノイズ有るねって言われてしまう場合にとても有効です。

ua55_02threshold2.gif 【THRESHOLD】コンプレッサーの効果がかかる信号レベル(dB)を設定します。



ua55_03ratio.gif 【RATIO】オーディオ信号を圧縮するときの圧縮比を設定します。


THRESHOLDでどこまでかけるか位置を決めて、RATIOでかける角度を決定する感じに調節します。

ATTACKとRELEASEは
左のGR(Gain Reduction)のメーターを
音を入れながら確認すると
効果時間の違いが視認し易いです。
【ATTACK】コンプレッサがかかるまでの時間
【RELEASE】コンプレッサが切れるまでの時間
QUAD-CAPTUREコントロールパネルに表示される単位はmsecです。

ua55_06gain.gif 【GAIN】コンプレッサの出力レベル

音の大きさです。


コンプレッサはうまく使うと配信音声のクオリティが上がります。
調節方法は、配信内容や音声内容によって変わってきますのでたったひとつの冴えたnico_dic_ico01.gif (16×15)調節方法みたいなものはご紹介できませんが、色々お試しください。
生放送マイク用だとおそらく、GATEほんの少しだけ、THRESHOLDとRATIOで上を少し抑えるだけ、ATTACK早めRELEASE遅めGAIN気持ち程度に上げくらいが無難かと思います。
 
一般的には大きすぎるところを押さえて(THRESHOLDとRATIOあたり)、小さいところを引き上げる(GAIN)感じに使われます。
上手く使用できるとクオリティの高いBGMを使用している時もマイクが浮かない感じになったり、放送局の様に音量が一定していて聴きやすい安定したクオリティのマイク音声になります。
「初さんらっしゃい。っくりていって」みたいに一定しない音量で話してしまう場合には、コンプレッサの機能を使っておくと聞きやすい音声になって初見さんもゆっくりしてくれるかもしれません。

歌枠で需要の多いリバーブを使う方法

用意するもの(フリーソフトですが寄付歓迎のものもあります)
cantabile_icoCantabile Lite (VSTホストソフト)

以下はVSTeプラグイン
Stereo Tools (モノラルステレオ変換)
RoVee (ボイスチェンジャー)
MVerb (リバーブプラグイン)
QUAD-CAPTURE同梱の
sonar_le_icoSONAR X1 LEでも可能ですが、生放送でのリアルタイムエフェクト用に使いたいだけなので、今回はフリーソフトcantabile_icoCantabile Liteで説明をしています。

tri_capture14

ua55e02
遅延を減らしたい場合はここのバッファサイズを2つとも下げます。
QUAD-CAPTUREコントロールパネル
ASIO設定画面のバッファも下げます。
音がプツプツしてしまう場合は下げた箇所を上げて調節します。
(QUAD-CAPTUREのバッファ設定は程々に下げて、cantabile_icoCantabileのBuffer Sizeは下げて、Additional Buffrsをプツプツする場合に徐々に調節)

cantabile_icoCantabile Liteを起動してオーディオデバイスの設定をします。
初回起動時に、デバイス選択画面が出るので【ASIO-QUAD CAPTURE】を選択します。

または、通常設定画面からオーディオデバイスを【ASIO-QUAD CATURE】に設定します。


tri_capture18
ua55e03 VSTプラグインを放り込んで、Inputのチェック
RackのマイクアイコンをONにします。

ua55e04  cantabile_icoCantabile内の音量調節各エフェクトの
プリセットの選択や調節をします。
UA-55の場合LまたはRにマイクを接続していて、エフェクトはLR両方から出力したい場合が多いのでモノラルをステレオ変換するプラグインを使用しておきます。
Stereo Tools (MONOを押します)


tri_capture08 MVerb
(好きなリバーブのプリセットを選んで Dryのエフェクト前音量とWetのエフェクト音量を調節します)


左画像はUA-33の時の使い回しにですが調節箇所は同じです。

以上でカラオケ枠等でマイクにエコーが欲しい場合に使うリバーブ効果が使えます。
リバーブのON,OFFはプラグイン左の[Zz]または、マイクアイコンやInputチェックのOFF、RackのStopかミュート、Cantabile右上ToolsのStop Engineマーク等でON,OFFが出来ます。

tri_capture35 自分の放送画面の音量をミュート(消音)にします(エコー、ループ、ハウリングの防止)。

UA55_05 生放送の放送ツールの音声機器欄で【MAIN(QUAD-CAPTURE)】を選択します。

音質を重視する場合は、音質重視===映像重視の比率を【音質重視】側にします。


映像については、コマ数===画質重視側などを調整して何とかします。

ボイスチェンジャー効果のプラグインを使う方法

リバーブ程度の場合はマイクの本体でのモニタはONのままでもOKでしたが(リバーブの場合はモニタONの方が生放送には使いやすいです)、ボイスチェンジャーを使用したい場合は本体でのモニタをOFFにしないと元の声と二重になってしまいます。
UA-55の場合、本体でのモニタOFFは本体のMIXつまみの調節でOFFに出来るので簡単に調節ができます。
まはたQUAD-CAPTUREコントロールパネルを開き、右側のMIXERのINPUT1,INPUT2の音量からもモニタの調節ができます。

用意するもの(フリーソフト)
cantabile_icoCantabile Lite (ホストソフト)

Stereo Tools (モノラルステレオ変換)
RoVee (ボイスチェンジャー)
 

ua55e10 Stereo Tools (モノラルステレオ変換) を使用して【MONO】ボタンを押しておくと、マイクがモノラル化されて、偏らずに両方から聞こえます。

ua55e12 RoVee (ボイスチェンジャー) をcantabile_icoCantabile LiteのRackに入れてRoVeeのプリセットを選択するか、RoVeeの画面をで音を調節します。

ua55e13 ボイスチェンジャー効果を使う場合は、リバーブをかけたい場合と違って、元の音が聞こえてしまうのは良くないので、元音のモニタをOFFにします。

リバーブだけの場合はここは下げずに使ったほうが生放送では使い勝手が良いんじゃないかと思います。

付属ソフトのsonar_le_icoSONAR X1 LEでエフェクトをかけてリアルタイムに生放送に使う方法

sonar_le_icoSONARソフトでオーディオトラックにエフェクトを適用し、sonar_le_icoSONARソフトのインプットモニターをONにするだけです。
以下はおおまかな手順です。

【編集】→【環境設定】→【オプション】→【ドライバモード】
ua55e05

後で音がプツプツする場合は【デバイスの設定】→【ミキシングレイテンシ】
→【ASIOコントロールパネル】→【QUAD-CAPTUREコンパネ】→【ドライバ】
→【ドライバの設定】→ASIOのバッファサイズを上げます。(上げると遅延が増えるのでできるだけ小さいほうが良いです)
SONAR X1は
WDM
WASAPI
ASIO
MME
に対応しています。
とりあえず遅延を少なくしたい関係でASIOが無難なのでASIOにします。

ua55e06 オーディオトラックのIN
QUAD-CAPTUREを設定します。

IN1にマイクを接続している場合は
Left QUAD-CAPTURE1-2】

IN2にマイクを接続している場合は
Right QUAD-CAPTURE1-2】

を選択します。

ua55e07 OUT
QUAD-CAPTURE1-2を選択します。

ua55e08 INまたはOUTの
FX欄にsonar_le_icoSONAR付属のリバーブのPlugin(Studioverb2)を ドラッグ&ドロップするか、FX欄の右上の+
でプラグインを追加します。

オーディオトラックの
インプットモニターのアイコンをONにします。

インプットモニターをONにするとリバーブ効果がかかります。



sonar_le_icoSONARソフトは生放送用のソフトではなく、録音やミックス、演奏等を行うソフトのため、生放送のエフェクトをかける用途には使いづらいかもしれません。
生放送でのマイクエフェクト用途にはcantabile_icoCantabile Liteの方が操作しやすいんじゃないかなと思います。

SONARだと生放送の時に音がプツプツしてしまう場合なども、Cantabile Liteの方がCantabile側のバッファ調整も設定が出来るため音がプツプツしづらいです。


関連ページ
QUAD-CAPTURE UA-55でニコ生

57
超定番SM58LCE
SM58SEはスイッチ付き
マイクケーブル ヘッドフォン用
ステレオミニ-ステレオ標準変換プラグ

posted by 水おいしいです^o^ at 2011年06月07日 | Comment(0) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。