ゼンハイザーの7.1ch USBヘッドセットPC333D,pc163D

ゼンハイザーの7.1ch USBヘッドセットPC333D,pc163D

Sennheiser(ゼンハイザーコミュニュケーションズの方)の7.1chゲーミングUSBヘッドセットについてのメモ
Sennheiser PC333D G4ME http://www.senncom.jp/solution/pc/game/pc333d.html

pc333d01
PC333D


PC 163D  http://www.senncom.jp/pc163D/
PC163Dも7.1ch USBオーディオアダプター付属

pc163d01
PC163D

USB一体型ではなく、ヘッドセットとUSB部分が分離できる製品は、良心的な気がします。
このUSBオーディオアダプタ部分が気になりました。

USB部分を調べてみる CM112

7.1ch対応のUSB接続のヘッドセットには、CM6206系(CM106系)のC-Mediaチップが使われていることが有ります。CM106系はドライバのインストールでStereoMix機能が使用可能になる製品が多いです。

今回のSennheiser PC333D , PC 163D  もC-Media製ドライバでStereoMixできる製品なのかな?ということでゼンハイザー公式ページからドライバをダウンロードして確認してみました。
結果…CM112系でした。

A4Tech HD-800あたりの7.1chUSBヘッドセットもC-Media CM112 ドライバでした。


Sennheiser3d_G4ME1_01 参考にしたらダメな参考画像
CM106系製品にG4MEのCM112ドライバ適用してみたものなので、上記のヘッドセットでの動作画像ではありません。この左の画像は全然参考にならないです。

でも普通にスピーカーも、ステレオミキサーも動作します。



(´・ω・`)「他の製品のドライバを無理やりインストールするのって、大丈夫なんですか?」
(゚ω゚)「よろしくない、と思う。」
(゚ω゚)「でも、ネットブックなんかでCD-Romドライブが無い時や、ドライバのCD-Romディスクなくしちゃった時に、C-MediaのUSBなら他のC-MediaのUSB製品のドライバで動作しちゃったり(CM106製品でもCM112ドライバ使えたり(この場合StereoMixは出る), CM119製品にCM108ドライバ使えたり(この場合StereoMixは出ない), CM119製品にCM106ドライバ使えたり(この場合StereoMixは出ない))、CreativeのUSB製品でも他のCreativeのUSB製品のドライバが使えたりして(SR5.1Proに旧GO!のドライバ当てたり(再生リダイレクトが出る))、個人的な範囲で無理やり別ドライバ使っちゃってる。製造元が同一で、同じ会社のUSB製品の範囲ならドライバ流用ができるみたい。手動でドライバ参照したらインストールできちゃう便利(本当はよくないです、ディスクなくしちゃった時の緊急案)。」

まとめ

この記事の意図が分かりにくいと思うのでまとめ。
「あ、7.1chUSBヘッドセット売ってる」
CM106系だったらステレオミキサーが使える可能性があるので調査

CM112系だった残念
要点はこれだけ

CM112系というだけで本当にステレオミキサー使えないのかは判断できません。CM112系で使えたという情報は無く、使える可能性が低いという話です。
製品レビュー等のまじめな記事ではないです。






価格参考

(´・ω・`) 「価格高いです。」
(゚ω゚)「ゲーミングとUSBと7.1chの付加価値でお値段高め?」

類似記事
C-Media系USBオーディオデバイスの簡易まとめ


参考ページ
http://www.cmedia.com.tw/


posted by 水おいしいです^o^ at 2011年01月07日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。