AmaRec Core Audio Capture DSでステミキ。その2

AmaRec Core Audio Capture DSでステミキ。その2








以下は情報が古いです。





AmaRec Core Audio Capture DSをステレオミキサー機能の代用に、生放送に使う方法を紹介します。
USBマイクやヘッドセットでもOKだし、普通のRealtekやSoundMAX,IDT,Sigmatel,Conexant(コネクサント)でも多分使えると思います(WindowsVista以降,Windows7等)。

前回の内容の方が、FME以外の配信方法にも使えて万能かと思われます(でも初回の設定が大変です)。

とりあえずここの『その2』ができてから、『その1』の設定に進むと歌枠もOKそうです。

amarec_coreaudio05
イメージ図


『AmaRec Core Audio Capture DS』とは『アマレココ・アマレコTV Live』等のソフトで有名なamaman様の制作物です。DirectShowのオーディオCapture Sourceフィルタの一種です。『AmaRec Core Audio Capture DS』を『アマレコTV』上で使用する場合には取り込むスピーカーを設定できます。『アマレコTV』上から取り込むスピーカーを設定していない場合は、『既定のスピーカー』で再生している音声を『AmaRec Core Audio Capture DS』に取り込むみたいです。動作にはスピーカーのプロパティの『詳細』タブで『DVDの音質(2チャンネル、16ビット、48000Hz)』のサンプルレートに設定しておく必要があります。

簡単にまとめると→これはスピーカーを録音できるフィルタ。

用意するもの1・AmaRec Core Audio Capture DS
http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/)アマレコTV Live Ver1.14以降に同梱
用意するもの2・FME(Flash Media Live Encorder)


1. インストール



アマレコTV Live Ver1.14のライブ機能に同梱になりました。
アマレコTV Liveをダウンロードしてライブ機能をインストールするだけです。


インストールが完了してから、次に進みます。

2. 再生側の設定(スピーカー)


amarec_coreaudio04
amarec_coreaudio09
再生 スピーカーやイヤフォン等のプロパティ『詳細』『DVDの音質(2チャンネル、16ビット、48000Hz)』を選択します。
『DVDの音質(2チャンネル、16ビット、48000Hz)』を選択し、OKを押して次へ進みます。

3. 録音側の設定(マイク)


amarec_coreaudio03
録音 Windows7の場合はマイクのプロパティ『聴く』タブ『このデバイスを聴く』にチェックを入れます。
注. 『聴く』はVistaには有りません。Vistaの場合や、Windows7でもマイク音量を底上げしたい場合は『猿ちぃ』等で代用します。
amarec_coreaudio08Vistaの場合は『聴く』が無いので、『猿ちぃ』等を使用します。

マイク音声がスピーカーまたはヘッドフォンから聞こえる状態になってから、次へ進みます。
注. スピーカーのマイクミュート解除だと音声の経路が違うため『AmaRec Core Audio Capture DS』にマイクが録音されない場合の方が多いみたいです。Win7の『聴く』,『猿ちぃ』『WAS』等ならOKかと思います。

4. FMEで放送する


amarec_coreaudio02
FMEのオーディオ機器欄に『AmaRec Core Audio Capture』を選択します。


FMEを使用して放送します。→ステレオミキサー機能が無いのに、BGM+マイクの放送が簡単にできた!

ね、簡単でしょう?
自分の声が聞こえるのは『その2設定』ではどうしようもないので、ヘッドセットを外して肩にかけるか、ヘッドセット本体の音量調節がある場合には調節し、手で片方の耳を塞ぐ等で我慢するか、慣れます><無理な場合は、あとで別の設定方法を試してみると良いです。他の設定方法だと、遅延した声を聞かずに放送できます。
自分の声を聴きたくない・自分にはBGMだけ聞こえる状態でマイク+BGM放送したい場合や、FMEを使用せずに放送する設定は前回の内容を参照になります。

Skype相手にBGMを聴かせたい場合はこの設定は向きません、前回紹介した仮想サウンドカードを使用する方法になります。
Skype相手にはマイクだけ聴かせる、放送にSkype相手の声を乗せたい場合は特別な設定をせずにこのまま使えます。

図が並んでいると比較しやすいので、イメージ図を再掲載。
amarec_coreaudio05
イメージ図その2(簡単な今回)

AmaRecTV_CoreAudioCapture02
イメージ図その1(万能な前回・仮想サウンドカード使用)


( ^ω^)「今までと比べたら簡単すぎてやばいお」
(゚ω゚)「でもまだAmaRec Core Audio Capture DSはベータ版とのこと。今後待ち。」

(´・ω・`)「うちのパソコンはWindowsXPなのですが、この方法は使えないのですか?」
(゚ω゚)WindowsVista以降のスピーカーを録音できる機能を使っているので、XPでは使えないみたい。」


(゚ω゚)「まだベータ版だから、正式版を待つ。ガン待ち。」



posted by 水おいしいです^o^ at 2010年09月07日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。