『猿ちぃ』をボイスチェンジャーっぽく使うのに便利な『KeroVee』と『RoVee』

『猿ちぃ』をボイスチェンジャーっぽく使うのに便利な『KeroVee』と『RoVee』

既に仮想ステミキを使っている場合や、USBマイクの音声をPC本体にルーティングしている場合に、『猿ちぃ』で音程だけなら簡単に変えられるのはわかっているけれど、ボイスチェンジャーの代わりにはならないよね、って場合に試してみると便利かもしれないVSTプラグイン『KeroVee』と『RoVee』の紹介です。

『KeroVee』は名前の通り、ケロケロボイスの作成用のVSTプラグインです。フォルマント修正機能が使えます。フォルマント修正機能が簡単に使えるフリーのVSTプラグインは少ないので、重宝します。

http://www.g200kg.com/jp/software/kerovee.html
KeroVee02


生放送に使う程度なら『RoVee』の方が簡単かもしれません。
http://www.g200kg.com/jp/software/rovee.html
RoVee02

生放送用に、『猿ちぃ』と一緒に使うなら『KeroVee』よりは『RoVee』かなと思います。
『猿ちぃ』だけだと音量調節ができないため、プラグインチェイナーを使用するか、普通にVSTホスト系のソフトを使うのが良いかもしれません。
音がプツプツする場合は、『猿ちぃ』のバッファサイズを少し大きくします。

RoVee
便利なプリセット設定も有ります。


VoiceTweaker(http://www.xponaut.com/?q=node/21)もボイスチェンジャーに使ったり、ケロケロさせるには便利なのですが、VoiceTweaker体験版は10分制限があります。
VoiceTweakerでPerfumeみたいなケロケロボイスを作る、というコンテンツを作ろうかと思っていましたが、10分制限があるため需要が微妙ということで断念していました。
『KeroVee』,『RoVee』さんは簡単で便利です。割と最近リリースされたみたいなので今後も更新があるかもです。

仮想デバイス(VADplus)でRoVeeをボイスチェンジャーとしてSkypeに使うお話と図があったのでリンク。
http://www.g200kg.com/archives/2010/06/post-168.html


( ^ω^)「ケロケロボイスってカエルかお?」
(´・ω・`)「田んぼに行って録音してくれば良いんじゃないですか?」
(゚ω゚)「ケロケロボイスはこの場合は、いわゆるPerfumeみたいな明るく抜けた感じのするケロケロボイスのことで、カエルとはちょっと違うよ。」
(゚ω゚)「ちなみに今回紹介したVSTプラグインはフリーソフトだけど、寄付歓迎になっているから、そのあたりを考慮すると良いかも。製作者様のやる気か、今後の展開とかに繋がるよ。」
posted by 水おいしいです^o^ at 2010年07月21日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。