Canopus USTV2004のレビュー

Canopus USTV2004のレビュー

前回の記事でCanopus製品(TwinPact100)を扱ったので、ついでに
USTV2004のレビューも書きます。古いですが。
(生産終了)してるのは、Canopusが一般向けの製品を売らなくなった辺りが関係しているのだと思われます。
ちなみに、USTV1は色違いなだけで性能は殆ど一緒かと思われます。
ustv2004_01.jpg

概要


USTV2004はTVチューナーにもなって、更にビデオキャプチャーも出来る、便利な製品です。
USB接続なのでノートPCでも利用できます。
S端子をコンポジットに変換する短いケーブルが付属するため、S端子でもコンポジット(黄色い端子)でも映像が接続できます。音声はTVチューナー(アンテナ)経由の音声も取り込めますし、ステレオミニプラグでも音声を取り込めます。更に、AUDIO-OUT(ステレオミニ)端子が有るため、音声をイヤホンやスピーカーなど他の機器へスルー出力できます。
パソコンでテレビが見れてチャンネルも簡単に切り替えられて、ゲーム機などの映像と音声もキャプチャできるし、ふぬああ等他のソフトの使用もOKで便利な機器です。(製造終了)ですが。
あと、リモコン付属のため、購入意欲をそそられてしまったのですが、リモコンは殆ど使用してません。マウスでチャンネルを切り替える方が便利でした。
ustv2004_02.jpg
リモコン画面。
プレビュー画面は、サイズ可変の枠だけで非常にシンプル。

えっ、TVチューナーって(アナログ)?


アナログです。地デジ化でもうすぐTVが見れなくなるらしいです。(´・ω・`)
ビデオチューナーとしてはこれからも使用できます。
USTV2004はパソコンの片隅で小さくTVを表示するのに邪魔にならず、便利です。音声二カ国語放送などに対応していないため、日本語でしか放送を聴けないのが不便です。NHKの全国ニュースなどが音声二カ国語なのです。
KeyHoleTV(P2Pネットワーク映像配信ソフト)の登場でテレビチューナーの必要性は薄れましたが、KeyHoleTVは映像も音声もUSTV2004と比較にならないほど、ビットレートが低め、というか実用に少し遠い感じです。
KeyHoleTVは放送大学を少し見る程度には便利です。

ゲームのキャプチャーについて


電源不要で外出先でキャプチャーするのにも便利です。
録画時の画質はTwinPact100と比較すると劣りますが、用途がそもそも別なので比較するのが間違いです。TwinPact100に対抗しよう、と思ったら無圧縮aviでの録画になりますが、それでもTwinPact100には及びませんし、実用的では無いです。普通に適当なコーデックを選択して録画したほうが実用的です。
ゲームキャプチャ用には普通に使えます。
ゲーム画面のプレビュー表示も普通に実用的です。
USB2.0時の最大解像度が720x480なので、それ以上の場合は単に拡大されますが、全画面表示でプレイしても「まぁ、こんな感じだよな。」といった印象です。音ゲーの場合は、遅延が有ると目押し出来ないので、無理でした。
付属ソフトのFEATHERがTV視聴用・ゲーム表示用には便利ですが、オーバーレイを使用するタイプのソフトですので(オーバーレイを切るとFETHERが動作しないタイプ)、実況(生放送)の場合には別のソフトを使用した方が良い、というのを注意する程度です。

ドライバのインストールについて


ビデオ用のドライバ USTV2004 Video Captureと、
オーディオ用のドライバ USTV2004 Audio Captureを導入する必要があります。普通に接続しただけだとオーディオ用のドライバがマイクロソフトの汎用ドライバ(USB Audio Device)が使用されたりして、不都合な状態になった気がします。。
説明書通りにインストールすると何とかなるはずです。


まとめ


(販売終了)の製品のレビューは書いていて虚しい。
多分、参考にする人が居ないため、レビューを気楽に書ける。
Canopusは最近ずっとやる気無くて、ユーザーしょんぼり。


USTV(豆ちゅー)2004の仕様


TV受信部NTSC(日本地域対応)
VHF 1〜12 UHF 13〜62 CATV C13〜C63
※ 室内用アンテナではお使いいただけません。
※ CATV有料放送のスクランブル解除機能は搭載していません。
※ 音声多重放送には対応していません。
オーバーレイ解像度USB2.0接続時 最大720x480
USB1.1接続時 最大320x240
※USB2.0接続でも接続速度が十分出ない場合には、最大で320x240となる場合があります。
入力端子  アンテナ入力端子F型コネクタ x1
アナログビデオ入力端子7ピンDINコネクタ x1
※Sビデオケーブルを直接、付属の変換コネクタによりコンポジット入力も可能
アナログオーディオ入力端子ステレオミニジャック x1
出力端子オーディオ出力端子ステレオミニジャック x1
消費電流5V, 470mA (USBコネクタから給電)
使用温度環境温度 0〜55℃
湿度 10〜95パーセント(結露しないこと)
外形寸法/質量 102.2×45×24mm/80g (付属品を除く)


<製品構成>

  • ユニット本体
  • Sビデオケーブル(ミニDIN4ピン、オス)
  • S/コンポジット形状変換ケーブル(ミニDIN7ピン-RCA)
  • コンポジットビデオケーブル
  • ステレオオーディオケーブル(ミニジャック-ミニジャック)
  • ステレオオーディオケーブル(ミニジャック-RCAピンジャック)
  • USB2.0ケーブル(Aオス-Aメス)←これが便利でした。
  • アンテナケーブル(2m)
  • リモコン
  • CD-ROM
  • マニュアル
  •  







    タグ:Canopus
    posted by 水おいしいです^o^ at 2010年01月25日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。