テスト放送を減らしたい(サウンド関係・特に仮想ステミキ向けの内容)

テスト放送を減らしたい(サウンド関係・特に仮想ステミキ向けの内容)

http://live.nicovideo.jp/console.swf?v=lv
にアクセスすれば、「権限がありません」とエラーは出ますが、
音声機器にちゃんと任意の機器が入っているか確認できるので、
自分が放送できる状態にあるか判断できます。
console01.jpg


PCの画面を写したいのに映像機器にSCFHDSFが入っていない場合は、
SCFHDSF04フォルダの中のinstallを実行してみてください。


仮想ステレオミキサーでBGMと声とのバランスを録音して知りたい場合

指定したデバイスでの録音ができるタイプの録音ソフトを使用して、
[仮想デバイス(放送での音声機器)]を指定して録音し、確認します。
超録→http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se297145.html
chorokufree_01.jpg
mp3録音・長時間録音に便利
recdev02.jpg


SoundEngine Free→http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se433369.html
sefree01.gif
wav録音・波形・編集に便利
recdev01.jpg


Windows付属のサウンドレコーダの場合OSの録音デバイスを[仮想(放送)]に
設定して録音すると放送される音声が録音できると思います。

指定したデバイス上で音楽を再生(仮想の人向け)

指定したデバイス上で音楽を再生できるプレーヤについて。
複数サウンドカード環境の人には、再生デバイスを指定できるのは便利な筈なので紹介。

メディアプレーヤーの[オプション]→[デバイス]で[スピーカー]の[プロパティ]で指定する。
mediap01.jpg



WinAmp[オプション]→[設定] プラグイン[出力]
『Nullsoft DirectSound出力 設定』
オーディオデバイスを選択したら[適用]をクリックし、Winamp自体を一度終了させてから、WinAmpを起動する。
wamp01.jpg


GOM Player
 画面右クリック→[設定]→[オーディオ]
gomp01.jpg


foober2000
[Preferences] - [Output Devices]でデバイス選択。
foob01.jpg

個人的にはfoober2000が使いやすいと思っています。
万人向けでは無いと思いますが。


運営コマンドは→http://bit.ly/Ys64s
posted by 水おいしいです^o^ at 2010年01月02日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。